スピッツ P 歌词




全部それでいいよ
君はおてんとうさま
果てそうな時も
笑ってくれたよ

電話しながら
描いたいくつもの
小さな花
まだここにある

時は流れてゆく
すべり落ちそうになる
はぐれてなんぼの純情だけど

抱きしめた時の空の色
思い出になるほど晴れ渡る
こんなして再び會えたから
話そうとするけれど何でだろ?
知らぬ間に戾される
恥ずかしき炎

ピ一音で隱した
今じゃ當たりまえの
古いコトバ 道を轉がる

寂しくてイラだち
真夜中に驅け出す
孤獨を氣取る餘裕もなく

君へと續く登り阪を
すりへったカカトでふみしめて
こんなして 再び會えたから
笑おうとしたけれど
どうしたんだ?
ぎこちなく おどけてる
情けなき命

抱きしめた時の空の色
思い出になるほど晴れ渡る
こんなして再び會えたから
話そうとするけれど何でだろ?
知らぬ間に戾される
恥ずかしき炎
知らぬ間に戾される
消せなかった炎







Tags: スピッツ P, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< 點と點 - スピッツ 歌词   | Jet Lyrics | 魔法のコトバ - スピッツ 歌词 >>



Related Lyrics
今 - スピッツ 歌词
漣 - スピッツ 歌词
今 - スピッツ 歌词
魚 - スピッツ 歌词
P - スピッツ 歌词
P - スピッツ 歌词
魚 - スピッツ 歌词