海援隊 遙かなる人 歌詞



夕暮れの空まで 真っ直ぐに 駆けてきた

広げた本は 机に置いたまま

流れる雲に 憧れを語れば

遙かなる人の 声が届く

本など広げて 言葉を探すより

人は空を見上げている方が

ずっと 賢くなれるんだと

遙かなる人の 声が僕に届く



冷たい雨の中 ひとりで歩いた

もらった手紙を 小さく破いて

降りしきる雨に 悲しみを語れば

遙かなる人の 声が届く

恋に悩んで 考えこむより

汗を飛ばして 走ってみろよ

ただの水さえ美味く飲めるからと

遙かなる人の 声が僕に届く



旅行く者達が 美しく見えるのは

もっと遠くを 目指しているからだ

立っているより 歩いてみることだ

遙かなる人の 声が僕に届く


Tags: 海援隊 遙かなる人, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< 荒野より - 海援隊 歌詞   | Jet Lyrics | MIND BREAKER - カイキゲッショク 歌詞 >>



Related Lyrics
蝉 - 海援隊 歌詞
空みたか - 海援隊 歌詞
隣り町のしのぶちゃん - 海援隊 歌詞
新しい人へ - 海援隊 歌詞
遙かなる人 - 海援隊 歌詞
いつか見た青い空 - 海援隊 歌詞
初めは小さな舟を漕げ - 海援隊 歌詞
遙かなる人 - 海援隊 歌詞
遙かなる人 - 海援隊 歌詞