ジュディ・オング バッカスの夜 歌詞



あゝポセイドン 今夜は荒れないで

魚のように 水影で

はてしもなく抱きあう ふたりの海にだけ

白亜の村では 酒祭り

島からしのんで 逢いにきた

1,000すじに燃える髪 舟に乗せて

あなたのくちびるへ

遅れて覚えた いとしさは

ひとよりなまめく 熱が出て

てのひらのムール貝 もう女色



あゝポセイドン 今夜はそのままで

云いよる恋の 波の中

さだめを今 抱きあう ふたりの海にだけ

うっかりしてると 酒祭り

人目を残して 壜が空く

こみあげる胸のたけ ぶつけるには

みじかい夏一夜

乳房がもひとつ 欲しいほど

あなたにしぐさを 導かれ

てのひらのムール貝 もう女色



篝火(かがりび)の流れ木が つきるまで

見させて いい思い

白亜の村では 酒祭り

あなたの私は 恋祭り

またひとつムール貝 ほら女色


Tags: ジュディ・オング バッカスの夜, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< 銀の鎖 - ジュディ・オング 歌詞   | Jet Lyrics | 追いかけて都会 - ジュディ・オング 歌詞 >>



Related Lyrics
美しい伝説 - ジュディ・オング 歌詞
別離 - ジュディ・オング 歌詞
あなたならどうする - ジュディ・オング 歌詞
終着駅 - ジュディ・オング 歌詞
つぐない - ジュディ・オング 歌詞
異邦人 - ジュディ・オング 歌詞
麗華の夢 - ジュディ・オング 歌詞
バッカスの夜 - ジュディ・オング 歌詞