THE NEUTRAL 歳の取り方 歌詞



代わる代わる変わっていく 僕のこの世界

いったい10年後のこの僕は どうなってんだろう?



僕 14歳の春に何か変わり始めた 僕のチンコにも毛が生え声も変わり始めた

人の目がとても気になり胸の膨らみも気になり その年の冬にはパパを親父と呼んだ

代わる代わる変わっていく 僕のこの世界

いったい10年後のこの僕はどうなってんだろう?



僕 17歳の夏に色々覚えた 酒とタバコはもちろん うまくつく嘘も覚え

初めてのキスで恋が愛に変わった でもその度に何かが音を立てて崩れた

少し怖くもあったけど 振り向かなかった

いつでも世界は僕の為にある そんな気がしてた



僕 成人式を迎えて何か変わろうとしてた 初めて僕の未来をちょっとリアルに考えた

結婚・就職・夢 何が大切なんだろう 気が付くと僕はここで歌っていた

何が正しいか知らない 知りたくもなかった

何かを守るために僕は何を捨てたんだろう



僕 24歳の時に故郷を離れた 遠い東の空に何を望んだのだろう

僕を支えてくれた愛する人でさえ 捨ててまでも僕は何を望んだのだろう



僕 25歳の時に歌が仕事になった ここに辿り着くまでたくさんの仲間が

歌うことをやめて僕から離れた でもその度に僕はそれを歌に変えたんだ

何かを望めば何かが僕から離れた

時には歌い続ける日々にさえ迷う夜もあった



僕 28歳の時に初めて挫折を知った 心に爪痕が残り道を失いかけてた

親からの電話は胸を痛めるだけで 僕は元気でいるよと嘘を重ねてゆき

僕らが描いたあの日の未来図はどこに?

初めて僕はここ東京で故郷を憶った



僕 30歳を迎えてまた歩き出したんだ ギター一本抱えてどこでも歌ったんだ

誰も振り向かない夜も雨や雪や風の夜も 愛する人との約束を捨てた夜でさえも



僕 35歳の時は激動の日々だった 僕らの中にも遂に結婚するヤツもできた

夢と現実の狭間で激しく揺れながら 心が折れそうな時は強く床を踏みしめた

今日まで出会った人たちの笑顔を思い出し

いつかはこれが未来に繋がると信じて歌ってた



僕らの夢はどこまで続くのか?

過ぎ行く時間に焦りはあるけど

あの頃の僕たちがまだやれると笑う



僕 36歳になった 何が変わったのだろう?

酒とタバコはやめた でもキスの数は増えた

あの頃を覚えていく度に 崩れてったものたちが

今の僕にはとても大切に思えて

あの頃必死で捨てようとしていたものがとても温かく

でも僕はもう二度と二度と戻れない

だけどもいつかまた振り返れば 今日があるわけで

つまりはそうやってこれからも 歳を取るのだろう

これからもずっと 歳を取っていこう

10年後も変わらない 僕は僕のままだ

10年後も変わらずに 僕ら僕らのままだ



Tags: THE NEUTRAL 歳の取り方, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< ドリフのズンドコ節 - ザ・ドリフターズ 歌詞   | Jet Lyrics | かぞくのじかん - THE NEUTRAL 歌詞 >>



Related Lyrics
Neutral - Penumbra 歌詞
歳の取り方 - THE NEUTRAL 歌詞
チャンスはそこだ!! - THE NEUTRAL 歌詞
日曜日の太陽 - THE NEUTRAL 歌詞
シンプルマン - THE NEUTRAL 歌詞
ともだち - THE NEUTRAL 歌詞
愛の花 - THE NEUTRAL 歌詞
歳の取り方 - THE NEUTRAL 歌詞
歳の取り方 - THE NEUTRAL 歌詞