ghostnote きもちはつたわる 歌詞



時には迷うさと 優しい言葉が欲しくて

生きてるわけじゃないけど どこかでなぜか求めてる

それを悪いだなんて 思わないで



僕らは大概が 誰よりも自分が大切で

守ってるわけじゃないさと 何かとつじつまあわせして

それを当たり前だと 思い込んで



気付いたら もう夜になって

君はといえば いつものように

あーでもない こーでもない 繰り返してる



あと一つ もう一つ 大切な何かを

見つけることができるなら また歩き出せるのかい

僕の中の 君の中の 本当の想いを

ただ信じることで 未来を描いてく



Ah こんなにも こんなにも 胸の奥で暴れてる

忘れたくないような いや 忘れられないほどに

まだ まだ 諦めたくはない

確かな想いがここにあるのさ



気付いたら もう夜になって

月明かりが窓を伝って

澄んだ空気と 今を重ねる



僕らはいつもすれ違って 大体いつも空回って

寂しくなっては寄り添って もうこんな感じに繰り返して

走って 走って 走って 息切らしたって

何で?だってって思われたって

同じスピードで進む



あと少し もう少しって 追い続ける明日を

希望の光で照らすのも また僕ら次第だな



あと一つ もう一つ 大切な何かを

見つけることができるなら また歩き出せるのかい

僕の中の 君の中の 本当の想いを

ただ信じることで 未来を描いてく


Tags: ghostnote きもちはつたわる, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< 幸せのカタチ〜涙雨に架かる虹にのって〜 - ghostnote 歌詞   | Jet Lyrics | まぁいっか - ghostnote 歌詞 >>



Related Lyrics
夢 - ghostnote 歌詞
ボクキミビリーバー - ghostnote 歌詞
手のなるほうへ - ghostnote 歌詞
ハッピーエンド - ghostnote 歌詞
素晴らしき世界 - ghostnote 歌詞
孤独のナイトウォーカー - ghostnote 歌詞
I、愛、會い - ghostnote 歌詞
きもちはつたわる - ghostnote 歌詞