熊木杏里 羽 歌詞



誰もあなたを責めてなんかいない

きっと季節があなたと違うだけ

夏を愛する人がいるでしょう

そして冬を嫌う人もいる



あなたはあなただけにある 季節になればいい

雪は降り積もる時を代われないから

心の悲しい理由は いつかあなたを自由にして行く羽だと 信じればいい



太陽になれない月の声を ねぇ

知っているなら 涙分けましょう

照らすことより 照らされることで

灯る明かりに 少し疲れたら



あなたはあなただけにある 光になればいい

ひとりじゃ出来ないことは いいことだろう

肩を借りれない人は 苦しいことだろうね

どれが羽かは 自分次第さ



あなたはあなただけにある 時間になればいい

道は来る者 行く者 止めたりしない

胸に幸せの音が聴こえているだろうか

それが羽なら また逢えるから

どれが羽かは 自分次第さ



Tags: 熊木杏里 羽, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< 心のまま - 熊木杏里 歌詞   | Jet Lyrics | A day in my life - 熊木杏里 歌詞 >>



Related Lyrics
光 - 熊木杏里 歌詞
君 - 熊木杏里 歌詞
君 - 熊木杏里 歌詞
羽 - 熊木杏里 歌詞
光 - 熊木杏里 歌詞
桜 - 熊木杏里 歌詞
雨が空から離れたら - 熊木杏里 歌詞