曽根史郎 キャラバン哀歌 歌詞



遠い喇麻(ラマ)塔の 灯が見える

ゴビの砂漠は 果てもない

包(パオ)の一夜(ひとよ)の 想い出抱いて

越える砂丘の 國ざかい。



きのうテントで 見た夢は

いとしせつなや 君のゆめ

風にゆられる 駱駝の背(せな)で

せめてうたおよ 故郷(くに)の唄。



月に胡弓が 咽び泣く

唄も哀しや モンゴリヤ

旅のキャラバン 鈴の音のこし

どこへゆくやら 國ざかい。


Tags: 曽根史郎 キャラバン哀歌, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< カンボジヤの水祭り - 曽根史郎 歌詞   | Jet Lyrics | 帰る故郷もない俺さ - 曽根史郎 歌詞 >>



Related Lyrics
若いお巡りさん - 曽根史郎 歌詞
夢の中のパーティー - 曽根史郎 歌詞
東京ムード - 曽根史郎 歌詞
僕の東京地図 - 曽根史郎 歌詞
若い職長さん - 曽根史郎 歌詞
東京のお巡りさん - 曽根史郎 歌詞
夕月船頭さん - 曽根史郎 歌詞
キャラバン哀歌 - 曽根史郎 歌詞