三門忠司 小判鮫の唄 歌詞



かけた情が いつわりならば

なんで濡れよか 男の胸が

かつら下地に ともしび揺れて

いつか浮き名の こぼれ紅



好きといおうか 嫌いといおうか

嘘と誠は 両花道よ

仇な夜風に まただまされて

ほろり落とした 舞い扇



誰の涙か 二片三片(ふたひらみひら)

まわり舞台に 散る花片よ

恋は一筋 生命(いのち)にかけて

なんの恐かろ 小判鮫



Tags: 三門忠司 小判鮫の唄, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< 次男坊鴉 - 三門忠司 歌詞   | Jet Lyrics | 吉良の仁吉 - 三門忠司 歌詞 >>



Related Lyrics
人生一勝二敗 - 三門忠司 歌詞
大利根無情 - 三門忠司 歌詞
次男坊鴉 - 三門忠司 歌詞
小判鮫の唄 - 三門忠司 歌詞
吉良の仁吉 - 三門忠司 歌詞
逢いたかったぜ - 三門忠司 歌詞
涙の酒 - 三門忠司 歌詞
小判鮫の唄 - 小畑実 歌詞
小判鮫の唄 - 三門忠司 歌詞
小判鮫の唄 - 二葉百合子 歌詞
小判鮫の唄 - 小畑実 歌詞