池田輝郎 北の夜風 歌詞



なんで捨てたと 責めるよに

夜風(かぜ)が冷たく この身をたたく

惚れていたんだ 嘘じゃない

無理を言う気は さらさらないが

ひと目会いたい もういちど

噂たずねる 北の町



いつも変わらぬ 優しさで

陰に日向(ひなた)に 尽くしてくれた

詫びているんだ 嘘じゃない

すまぬすまぬと ため息つけば

胸にこぼれる ほろにがさ

今日は酔いたい コップ酒



もしも誰かと 暮らすなら

いいさこのまま 会わずに戻る

惚れていたんだ 嘘じゃない

何をいまさら 女々しくないか

夜風(かぜ)が足元 吹き抜ける

星も泣いてる 北の町


Tags: 池田輝郎 北の夜風, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< 星に語りて - 池田輝郎 歌詞   | Jet Lyrics | 雪ひと夜 - 鏡五郎 歌詞 >>



Related Lyrics
ねぶた海峡 - 池田輝郎 歌詞
伊万里の母 - 池田輝郎 歌詞
赤いランプの終列車 - 池田輝郎 歌詞
山の吊橋 - 池田輝郎 歌詞
別れの一本杉 - 池田輝郎 歌詞
長崎の女 - 池田輝郎 歌詞
あん時ゃどしゃ降り - 池田輝郎 歌詞
北の夜風 - 池田輝郎 歌詞