森川由綺(平野綾) 恋色空 歌詞



黄昏に染まる街を ふたり手を繋いで歩いてる

このまま傍にいれたら もう何もいらない



夢のような時間(とき)はいつしか過ぎて

「さよなら」って 手を振るたびに 泣きそうになるの



心にしまった寂しさが

舞い散る雪のように積もってく

眠れない夜 この幸せ強く確かめたくて

あなたの声すこし聞きたい…



どんなに多くの人が微笑みを分けてくれてもまだ

なぜか一人でいるような気持ちが消えなくて



ふたりなら 強くなれる気がした

もっともっとあなたを近く感じていたいの



心が凍えてる私を

その優しさで温めてほしい

世界中を探してもそう あなたを超す温もりなんて

きっと他にないから



心にしまった寂しさが

舞い散る雪のように積もってく

眠れない夜 窓の外に冬の匂い感じて

見上げたなら 恋色の空


Tags: 森川由綺(平野綾) 恋色空, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< 悲しみよこんにちは - 森川由綺(平野綾) 歌詞   | Jet Lyrics | 真・うたわれるもののテーマ - 小山剛志 歌詞 >>



Related Lyrics
ツイてるねノッてるね - 森川由綺(平野綾) 歌詞
恋色空 - 森川由綺(平野綾) 歌詞
恋色空 - 森川由綺(平野綾) 歌詞
灯トワイライト - 森川由綺(平野綾) 歌詞
悲しみよこんにちは - 森川由綺(平野綾) 歌詞
WHITE ALBUM - 森川由綺(平野綾) 歌詞
WHITE ALBUM(Live Ver.) - 森川由綺(平野綾) 歌詞
恋色空 - 森川由綺(平野綾) 歌詞
恋色空 - 森川由綺(平野綾) 歌詞