山口百恵 闇の薫り 歌詞



眠りが覚(さ)めかけたとき

薄目をあけて見ていた



あなたの静かな寝顔

ひたいの汗 そっとふれてみた



重ねた腕がしびれ

少しずつ 躰をずらす



愛した時間は 夢でもなく

こうして ここに肌に感じている



甘くて むせるような薫りの

くちなしひとつグラスにある



ほんのり 心地良いだるさ

ぬくもりの中で しっとり感じる夜



Tags: 山口百恵 闇の薫り, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< Jigsaw Puzzle - 山口百恵 歌詞   | Jet Lyrics | 琥珀(こはく)の季節(とき) - 山口百恵 歌詞 >>



Related Lyrics
ヒ・ロ・イ・ン - 山口百恵 歌詞
1 2/3 - 山口百恵 歌詞
私を選んで - 山口百恵 歌詞
恋は千里眼 - 山口百恵 歌詞
幕間の風景 - 山口百恵 歌詞
神様のおぼし召し - 山口百恵 歌詞
闇の薫り - 山口百恵 歌詞
闇の薫り - 山口百恵 歌詞