舟木一夫 君たちがいて僕がいた 歌詞



清らかな青春 爽やかな青春

大きな夢があり

かぎりないよろこびがあった

はかない希みがあり

つらい別れもあった

そんな時はいつも…

母にも似た 優しい 目差しの

君たちがいて そして 僕がいた



心の悩みを うちあけ合って

眺めたはるかな 山や海

言葉はつきても 去りかねた

そんなときには いつの日も

ああ 君たちがいて 僕がいた



涙をこぶしで ぬぐっていたら

遠くでこっそり 見つめてた

あの娘の瞳も ぬれていた

そんな日昏れも あったけど

ああ 君たちがいて 僕がいた



さよならする日は 肩くみあって

しあわせ信じて うたおうよ

大人になるのは こわいけど

そんなときにも 離れずに

ああ 君たちがいて 僕がいた


Tags: 舟木一夫 君たちがいて僕がいた, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< E=MC2 - 山口百恵 歌詞   | Jet Lyrics | あれから十年たったかなァ - 春日八郎 歌詞 >>



Related Lyrics
眠らない青春 - 舟木一夫 歌詞
知床旅情 - 舟木一夫 歌詞
花言葉の唄 - 舟木一夫 歌詞
知りたくないの - 舟木一夫 歌詞
霧にむせぶ夜 - 舟木一夫 歌詞
ジョニーの子守唄 - 舟木一夫 歌詞
東京は恋をする - 舟木一夫 歌詞
君たちがいて僕がいた - 舟木一夫 歌詞