坂本冬美 男の艶歌 歌詞



天にもらった 財宝の山を

棄てて悔いない 友がいる

時代おくれと 笑われようと

義理と人情と 浪花節

それが男の 花絆



路地にかくれて 見送るあの娘

俺はあばよと 背なで言う

恋に少しは 似ているけれど

切れば血の出る 侠気は

女なんかにゃ わかるまい



俺が花なら お前は風だ

そして命は 春の夢

男同士の 相合傘で

地獄参りの 道行きは

花によりそう 風ひとつ


Tags: 坂本冬美 男の艶歌, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< 暮六ツ小町 - 坂本冬美 歌詞   | Jet Lyrics | 浜っ娘一代 - 坂本冬美 歌詞 >>



Related Lyrics
忍 - 坂本冬美 歌詞
妹 - 坂本冬美 歌詞
恋 - 坂本冬美 歌詞
凛として - 坂本冬美 歌詞
白い冬 - 坂本冬美 歌詞
さらばシベリア鉄道 - 坂本冬美 歌詞
オリビアを聴きながら - 坂本冬美 歌詞
男の艶歌 - 坂本冬美 歌詞
男の艶歌 - 坂本冬美 歌詞