GOING UNDER GROUND 口笛どろぼう 歌詞



黄昏迫る都市 焼かれた影ぼうし

盗み出せたものは 君が吹いた口笛だけ



もう気付いてるだろ あと少しで僕と君の夏が終わる

今二人乗りで見てる景色も 季節というシャツをはおる



僕のうしろで下手な口笛

僕も少しふざけて吹いてみる

小さな腕が背中をたたく

向かい風を受けながら



ありのままを抱きしめたら ありふれた言葉で泣いた

重ねた手の温かさの中で

傷つく度作り出して 置き場所さえ無い神様

その全部を風の中に放つ



永いあめの後水溜まりに

映り込んだ虹を見ていた

ふと水の中の君を見たら

目と目が合ってしまった午後



今体全部で受け止めるよ

君が隠した日々の事も



止まれない程スピード上げる

軋むペダルの音もメロディーに

命を燃やし 僕らはゆける向かい風を受けながら



ありのままで抱きしめたらありふれた言葉で泣いた

重ねた手の暖かさの中で

ペダルこぐ度こぼれ落ちた涙は道しるべなんだ

アスファルトにすれるタイヤの音色

ありのままで生きていくんだよ少し怖いけれど僕らは

飾らなくともまぶしい程光る


Tags: GOING UNDER GROUND 口笛どろぼう, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< キャンディ - GOING UNDER GROUND 歌詞   | Jet Lyrics | シグナル - GOING UNDER GROUND 歌詞 >>



Related Lyrics
波 - GOING UNDER GROUND 歌詞
Ground On Down - 歌詞
凛 - GOING UNDER GROUND 歌詞
1+1 - GOING UNDER GROUND 歌詞
1+1 - GOING UNDER GROUND 歌詞
凛 - GOING UNDER GROUND 歌詞
夕 - GOING UNDER GROUND 歌詞
口笛どろぼう - GOING UNDER GROUND 歌詞