175R 春風 歌詞



思い出すは何年か前 あれはちょうど春の話

きらめく街に想いを馳せ君に告げた別れ話

金も無けりゃ仕事もなく夢物語見続ける俺

駅のホーム涙こらえ笑顔で手を振ってる君

走りだした列車の窓 溢れだした君の涙

いつもそばで見守っていてくれたのに

周りが見えなくなっていた 全て自分と気取っていた

押さえ込んだ君の心気付かずに



遠い空の下で君は何を想うの?

いつかの日々はただ色褪せ独りにさせるよ



眩しい夜はほら嘘だらけ 夢に破れた人だらけ

そりゃそうだよな ここは「東京」 遠い君の声届かない

いつの日か立ち止まっていた 肩をぶつけられ立っていた

何をしにやって来たのかもわからずに

振り返れば君去っていた 情けねぇ 俺だけ待っていた

あの日と同じ春風吹くこの街で



誰もが不安抱え見えない明日想うよ

もがいて戸惑って取り残されそうになるよ



思い出すは何年か前 あれはちょうど春の話

今も胸に残ったまま 君に声は届かないまま

遠い空の下で君は何を想うの?

いつかの日々はただ色褪せ独りにさせる

涙の君はまだどこかで俺見てるの?

届かないこの声は遠く遠く響いてくよ

響くよ… ねぇ君は…


Tags: 175R 春風, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< パズル - 175R 歌詞   | Jet Lyrics | Sunday〜君だけの特別な週末〜 - 175R 歌詞 >>



Related Lyrics
Hello - 175R 歌詞
和 - 175R 歌詞
W.O.W - 175R 歌詞
I believe my way - 175R 歌詞
Everything - 175R 歌詞
P.R.P - 175R 歌詞
W.O.W - 175R 歌詞
春風 - 歌詞
春風 - 歌詞
春風 - 歌詞
春風 - 歌詞
春風 - CHIHIRO 歌詞
春風 - CANCION 歌詞
春風 - つじあやの 歌詞