鈴木祥子 あたらしい愛の詩 歌詞



東京の夕暮れは 予感のように美しい

夢みてた自由が あなたを壊してしまうとき



ひとりになるのが怖くって 誰かにささえてほしくって

いつでもわがままでごめんね。

あなたがいて幸せだった。



I still love you、ここで

暮らした日を忘れない。

孤独に負けない力を与えてください。



愛されてることに甘えながら生きてきた

愛することよりも 自分だけが大事だった



この街で育ってきたって

ふるさとはどこにもなくって

海がひろがる陸橋に立って、

深い夜を抱いているよ。



愛がただの名前にすぎなくなって、

ふたりが違う自由を探しても

そこにいつもあなたがいて幸せだった。



I still love you、 ここで

過ごした日を忘れない。

孤独に負けない 勇気を与えてください。

力を与えてください。



どうか守ってください。

力を与えてください。

孤独に負けないように。

自由に負けないように。


Tags: 鈴木祥子 あたらしい愛の詩, Romanized Lyrics, Romanization, Lyrics, 가사, 歌詞, 歌词, letras de canciones Kpop, Jpop
<< Sickness - 鈴木祥子 歌詞   | Jet Lyrics | イケナイコトカイ(live version) - 鈴木祥子 歌詞 >>



Related Lyrics
道 - 鈴木祥子 歌詞
さいごの果実 - 鈴木祥子 歌詞
花束 - 鈴木祥子 歌詞
幸福の樹 - 鈴木祥子 歌詞
チャイム - 鈴木祥子 歌詞
空の休暇 - 鈴木祥子 歌詞
愛はいつも - 鈴木祥子 歌詞
あたらしい愛の詩 - 鈴木祥子 歌詞